建築物

一般的に建築物というのは、一定期間の間その形状が必要なので、あるいはそれが提供する空間が必要なので、人間が作った紙面に固定される構造物を意味する。他の言葉で構築物あるいは建築ともする。また、建築、建設、工学、不動産開発分野で建物というのは、持続的な居住のために人間が作った構造物を意味する。

居住目的の建物と持続的な人間の居住目的でない意図で建てられた構造物を区分するために、後者を非建築構造物だと呼ぶ。

技術用語として、建築構造物高さ(Structural height)は、地上から始めて、最も高くある建築的細部構造物までの高さをいう。 これは建築物てっぺんまでの高さをいう一つの準拠なのに、どのように分類されるかにしたがって尖塔やマスト(mast)のキルはが高さに含まれる事もでき含まれないこともある。だが、アンテナとして使われる尖塔やマスト(mast)は一般的にこの高さに含ませない。

概念

建築物は多様な要求を満たしてくれる。人々は食べ物と飲料水を確保しなければならなかったが、野外から人々を保護して、人々に、仕事をして、食べて、出産して、余暇を楽しんで、寝るようにすることができる場所を確保しなければならなかった。 一方、最初の洞窟壁画以来、建築物は芸術的表現の対象になった。人類は当時の人生を芸術の形態で表現しようと思う欲望があったものと推定される。

歴史

人類の先祖であるホモエレクトスは約50万年前最初の"人工待避処"を作ったと推定される。時間が経つほど、人類の居住地は発展していった。単純な洞窟も居住地として使われたし、乾いた泥や石大量に作ったのも居住地として使われた。この時期には、居住地中に、小さい祭壇や食卓を除いては、家具がなかなか存在しなかった。

種類

商業用、産業用

商業用建物は業務用で使われる建物だ。 例えば、事務室と営業所のようなものだ。 産業用建物は製造工場、倉庫のようなものだ。 機関用建物は政府や軍病院、大学、行政事務所建物のようなものをいって、普通建物の寿命を長くとらえて作る。

居住用

居住用建物は家だと呼ばれる。普通の人々が生活する所あるいは避難所や隠れ場所として建築される。ワンルーム建物で、丸太の家、石家、レンガ造りの家から、数千人が生活する高層アパートまで多様だ。何が"低層"建物で何が"高層"建物なのかは論議がある。 日本では普通3階以下を低層建物だと話すがアメリカでは80階以上の摩天楼が多いため、普通15階以下の建物あるいはワシントン記念碑より低い建物を低層建物として扱う(これはワシントンD.C.では高さが約169.3mであるワシントン記念碑より高い建築物の建設が禁止されたところで起因したのだ)。

多層建物

多層建物というのは1階建の建物と反対対は話として、いくつかの層を持つ建物をいう。 多層建物は敷地の面積を広げなくても、建物の面積を高めようとする目的で建てられる。 大地を効率的に使えるし、また、建築費も惜しむことができる。(もちろん、建築費と地価を確かめてみなければならない。)

建築芸術

この部分の本文は建築芸術です。建築芸術は建築物上に表現される特殊な芸術だ。 建築芸術は実用性が芸術性が結びついたのだ。

都市空間に関して

都市を美しく設計する。
戦後~の日本の建築の歴史は人々の生活や便利さを追求する戦いでした。つまり、機能面での効率的な充実こそが最も価値のある建築の技術だったのですが、日本が世界的にも先進国と言われるようになってからはその姿を変えていきます。

機能面よりもむしろ美しく・・・

そういう新しい概念がいまの建築学の主流です。機能性を失う方がむしろ美しい・・・そんな新しい概念も生まれてきました。

ページのトップへ戻る